for CAR & VEHICLE / 自動車や乗り物等のメンテナンス

スーパーグロスオートの優れた高性能は、自動車や乗り物を守ります。



対象別のメリットと効果(自動車・乗り物等)

例えば愛車の仕上げでこんなお悩みはありませんか?

  • 施工時間を短くしたい
  • 手軽に抜群の効果を得たい
  • ツヤを深めたい
  • コーティングの“シミ”“ムラ”を作りたくない
  • プロの施工に近づけたいが失敗する
  • 子供と一緒に作業をしたいが安全性が心配
ご心配は不要です。超高性能コーティング剤 スーパーグロスオートにおまかせ下さい。これらの悩みを解決します。

スーパーグロスオートでの愛車のお手入れ

スーパーグロスオートでの愛車のお手入れ


スーパーグロスオートは業務用途でも利用され、自動車だけでなく飛行機や船舶にも使われているほどの高い信頼性・高性能を誇る製品です。光沢のほか、撥水、UVカットまで効果があるスーパーグロスオートは、乗り物のシャーシやボディだけでなく、様々なパーツや内装までもを強力に保護します。
万一口に入っても心配がいらない高い安全性も備えますので、ご家庭で誰もが安心して使っていただける製品です。プロレベルの高性能を、ベテランだけでなくビギナーやご年配の方にも簡単に使っていただける夢のコーティング剤と言っても過言でもありません。スーパーグロスオートを、あなたがご利用のコーティング剤と是非比べて見て下さい。ハイパフォーマンスを実感いただけます。

対象 メリット・効果
ボディ 劣化防止、より深いツヤに、短時間で簡単施工、油膜等の汚れ除去、ほこりを寄せ付けにくく、汚れがつきにくく、汚れを取れやすく
ガラス窓(外・内) 油膜等の汚れ除去、撥水効果による視界確保、汚れがつきにくく
ホイール 汚れ除去、ツヤ出し、汚れがつきにくく、汚れを取りやすく
樹脂部分 劣化防止、白化の修復、汚れ除去
鉄部 劣化防止、ツヤ出し、油膜等の汚れ除去、汚れがつきにくく、汚れを取りやすく
メッキ部 劣化防止、ツヤ出し、油膜等の汚れ除去、汚れがつきにくく、汚れを取りやすく
ヘッド・テールライト 紫外線による黄変の防止、劣化防止、油膜等の汚れ除去
カーナビ 汚れ・手垢の除去、汚れをつきにくく
バイク ボディ 劣化防止、より深いツヤに、短時間で簡単施工、油膜等の汚れ除去、ほこりを寄せ付けにくく、汚れがつきにくく、汚れを取れやすく
ヘルメット 劣化防止、より深いツヤに、短時間で簡単施工、油膜等の汚れ除去、ほこりを寄せ付けにくく、汚れがつきにくく、汚れを取れやすく
バイザー 油膜等の汚れ除去、撥水効果による視界確保、汚れがつきにくく
飛行機 油膜等の汚れ除去、撥水効果による視界確保、汚れがつきにくく
船舶 油膜等の汚れ除去、撥水効果による視界確保、汚れがつきにくく
ボディ 劣化防止、より深いツヤに、油膜等の汚れ除去、ほこりを寄せ付けにくく、汚れがつきにくく、汚れを取れやすく
自転車 ボディ 劣化防止、より深いツヤに、短時間で簡単施工、油膜等の汚れ除去、ほこりを寄せ付けにくく、汚れがつきにくく、汚れを取れやすく


かんたんメンテナンスパターン(スーパーグロスオート推奨)


初回施工時 (新車は購入直後がおすすめ)
中性洗剤・シャンプー等で洗車後、スーパーグロスオートをスプレーし、スポンジでのばしてクロスで拭き上げます。2回以上

※普通車でのコーティング施工時間:1時間前後
※新車の場合、輝きにツヤの深みを与えつつ、きれいな状態の塗装面をカバーできます。
※経年車は粘土や鉄粉除去剤などで洗車前にボディの鉄粉をしっかり除去して下さい。塗装に刺さった鉄粉を放置してしまうと、表面が錆びて塗装と結合してしまうので、洗車では簡単に落ちにくくなる上、劣化も加速してしまいます。更にコーティングを重ねてしまうと鉄粉を塗り固めてしまう恐れもあります。
※水垢(ウォータースポット)などが気になる場合、“塗装面の磨き”だけは技術を要します。コンパウンドなどで取り切れない場合は、専門店などのプロに依頼することを推奨します。

メンテナンス 続いてのステップは

以降のメンテナンス(目安:年に数回)
洗車後に水分が残った状態のまま、スーパーグロスオートをスプレー。固く絞ったクロスで洗車の残り水と一緒にキレイに拭き上げます。1回施工でOK

※普通車でのコーティング施工時間:15~20分前後
※スーパーグロスオートは重ね塗りが可能です。できればコーティング回数を増やすと、ツヤの深さが増して、保護層もより強固になります。

スーパーグロスオートの使用量目安(推奨施工パターンで普通自動車のコーティングを行った場合)

60mlボトル…約1年 200mlボトル…約3~4年
コーティング剤としての高性能にもかかわらず非常に取り扱いが簡単なスーパーグロスオートは、コストパフォーマンスが非常に優れています。



カーメンテナンスや乗り物のお手入れに高性能コーティング剤 “スーパーグロスオート”を強くお勧めする理由


どのようなコーティング剤を選べばよいかお悩みのビギナー様が多くいらっしゃる中で、ベテランのカーオーナー様でも時折誤解されている自動車コーティングについて、しっかりご説明させていただきたいと思います。初心者の方もご理解いただけるよう、基本から書いているため長くなりますが、メンテナンスに自信のあるオーナー様も知識の整理や再確認のためにもご一読下さい。

コーティングとはクルマの塗装面を守るための身代わり塗膜であり、時間の経過とともに物理的もしくは化学的に消耗していくというのが大前提です。コーティングを施工しない場合、ベースの塗装面が保護する役割を担いますが、そのベースの塗装面そのものが劣化してしまうと、修復には多大な労力が発生するため、コーティングどころでない余計な時間と多額の費用が発生します。

塗装面をコーティングでカバーをしていれば、コーティング塗膜が残る限り、その塗膜部分でダメージの修復が可能になるので、ベースの塗装面を最小限の劣化で防ぎ、余計な時間と費用がわずかで済みます。きちんとしたコーティングを行うことで、言うまでもなく車両価値の低減を抑えることもできます。「コーティングなしのカーライフはありえない」、と断言できます。

コーティングによる輝き

またコーティングは一度施工すればその後何もしなくても大丈夫ということはありません。市販品によるコーティングでも、専門店やディーラーで施工する業務用のコーティングでも、日頃の洗車とメンテナンスは必ずしなければならない重要な作業です。塗膜をそのまま1年も放置すれば必ず消耗劣化し塗装面に悪影響を与えます

このように、塗装面を守るためにコーティングをして保護膜でカバーしてあげること、コーティング後の洗車や塗膜のメンテナンスをすることが、劣化を最小限に抑える上で必須な作業だということをご理解ください。この大前提をご理解いただいた上で、クルマのボディケアをするための重要なアイテムとなるコーティング剤は何を選ぶべきか、なぜスーパーグロスオートを「高性能」と呼べるのかをご説明致します。
クルマのボディケア用品は主に以下3つに大別できるかと思います。

ワックス メリット 簡単に施工ができる。ギラギラする輝きが強い。
デメリット 耐久性が弱い。劣化が早い。
ポリマー系コーティング(フッ素系、ガラス系【ガラス成分の少ない市販品】など) メリット ワックスより長い耐久性。ツヤがキレイ。
デメリット シミ、ムラが出やすい。施工に時間がかかる。
ガラスコーティング(ガラス成分を多く含む、主に業者向け) メリット ポリマーより長い耐久性。酸化による劣化が少ないもしくは無い。
デメリット 素人では施工できない。施工に時間がかかる。


上記3つのカテゴリー分けしたコーティングをユーザ視点で気になるポイントを比較します。
保護力(耐久性や耐候性など) ワックス < ポリマー系 < ガラス
施工のしやすさ(時間、手間など総合的に) ガラス < ポリマー系 < ワックス
劣化しにくさ(材質として油分が少ないもしくは無い) ワックス < ポリマー系 < ガラス
見た目のよさ(ツヤや輝きの強さ) ポリマー系 < ガラス(ツヤツヤ) or ワックス(ギラギラ)

いずれも一長一短あり、ではどれを選べばよいか?多くのカードライバーが一度は経験することだと思います。
さらに、使える素材が限定されているのか、使える塗装色に限定があるのか、撥水、親水、疏水なのか、臭いは、等々。これでは何を選べば良いか決められません。最終的には口コミやパッケージの見た目の印象頼みで決めがちです。

コーティング スーパーグロスオート


この迷いを無くし条件を気にせず素直に選択できるのが、私達が自信をもって高性能といえる“スーパーグロスオート”なのです。“スーパーグロスオート”は水性プラスチック素材です。ガラスコーティングと同等の保護力を持ちながら、ポリマー系やワックスよりも手軽な作業と短い時間で施工できる上、ガラスコーティングと同等に劣化しにくい特徴があります。更に無機質の深い透明感で、見た目のツヤも最高クラスです。唯一の欠点は油系のギラギラしたツヤは水性コーティングなので出せないことです。

そのほかにもスーパーグロスオートには数多くの優れた特性があります。
  • 洗車後、水分が残った状態のままで塗布できるので、短時間で簡単に施行できる(1回15分~20分程度)
  • 塗面の化学的な劣化が無いため、重ね塗りでも光の乱反射が無く、シャープなツヤがより深まる。
  • 施工後無臭で、シミやムラにもならない。
  • 重ね塗りで塗膜を厚くすることが可能。
  • 汚れを浮かせる洗浄効果、撥水効果、帯電防止剤により汚れを寄せ付け難くする効果がある。
  • 車のボディはもちろん、樹脂部、ガラス部、鉄部など様々な素材に使用可能。
  • 食品衛生法規格基準に準拠した高い安全性で作業が行える上、室内にもつかえる。
  • 中性でコンパウンドを含まず素材を傷めないので、TVやタブレットなどの液晶画面、汚れの目立つ家の窓ガラスやカガミ、大事な宝飾品や調度品、楽器や趣味の道具や模型など多方面にも使用でき、環境にも優しい。
  • 等々

スーパーグロスオートは高性能な機能を備えながら、条件、素材を気にすることなく、いつでも気軽に使える“洗浄+保護+ツヤ出しコーティング”として、これ以上にない製品に仕上げています。長くなりましたが、まとめますと下記となります。

  • 自動車メンテナンスにコーティングは必要不可欠。
  • “スーパーグロスオート”は唯一ギラギラした艶は出せないものの、コーティングに求められる様々な保護力、耐久性、手軽さ、など最高性能、パーフェクトと呼べる性能を実現。
  • “スーパーグロスオート”は強力な保護力やメンテナンスの手軽さで、総合的なコストパフォーマンスも非常に優れている。

カーオーナーが一度は迷う製品選び。それに費やす時間、必要以上のメンテナンスに時間を費やすことは、非常にもったいない時間の使い方です。スーパーグロスオートの確かな高性能は一度ご利用いただければすぐお分かりいただけます。カーオーナー様の確かな満足が得られるカーライフと、最高のパフォーマンスのため、是非ご愛用ください。

スーパーグロスオート総販売代理店 株式会社ブリモント 代表取締役 後藤大輔



スーパーグロスオートはこちらでお求めになれます。


SALES AGENT HQ / 総販売窓口

株式会社ブリモント / Brimont Co.,Ltd. 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷三丁目スクエアビル2F


Copyright © Brimont Co., Ltd.