About SUPER GLOSS AUTO / スーパーグロスオートについて

スーパーグロスオートの優れた高性能の秘密をご紹介致します



究極の高性能 - スーパーグロスオート

洗車後の水滴の有無に関わらず、スプレーして拭くだけ、簡単な施工でボディの防御と上質な深いツヤを輝かせます。石油系溶剤を一切使わない水性溶剤ですので、油膜を残さず、拭き残しても“シミ”や“ムラ”になりません。
また特殊レジンを採用し、硬い防御膜ながらも柔らかい触感を実現。アクリル樹脂、シラン系(シリコン)、フッ素系、ガラス系のコーティングを施したボディでも、これらを侵すことなく施工が可能です。
詳しいカーメンテナンス方法については、簡単メンテナンスパターン (スーパーグロスオート推奨)を是非ご覧ください。

スーパーグロスオート施工後

高耐性

コーティング スーパーグロスオートの高耐性
  • 帯電防止剤でホコリの付着防止
  • 撥水効果で視界良好
  • 特殊柔軟レジンによる高い耐候性

高機能性

コーティング スーパーグロスオートの高機能性
  • 各種素材に使える
  • 速乾性で施工が短時間
  • 無臭なので室内で使える

安全性

コーティング スーパーグロスオートの安全性
  • 子どもが触れても安心・安全
  • PH7中性液剤で環境に優しい
  • 食品衛生法に準拠し万が一口に入っても問題無し



過酷な環境に耐えうる5大特徴

約5年の歳月を費やした過酷な研究と開発の積み重ねが、01 究極の耐久性、02 究極の耐熱性、03 究極の耐候性、04 究極の洗浄力、05 究極のメンテナンス性、という超高性能コーティング剤と呼ぶに相応しい5つの特徴を生み出しました。

01 究極の耐久性

三層の皮膜を重ねることで高硬度と柔軟性を兼ね備えることにより、長期に渡る耐久性を実現しました。様々なコーティング剤と比較しても最高レベルの耐久時間を誇ります。

コーティング剤の耐久時間(相対的数値比較)

コーティング剤の耐久時間(相対的数値比較)

フロントガラスにコーティングして3か月経過した撥水状況をみた




02 究極の耐熱性

-65℃から220℃までの広い温度範囲で安定した皮膜を維持。大幅な温度環境の変化にもビクともしません。

コーティング スーパーグロスオート 究極の耐熱性



03 究極の耐候性

特殊柔軟レジンによりUVを反射しボディの劣化を大幅に抑制します。
さらに撥水剤・特殊光沢剤による第2層が、指紋や油膜がつきにくし、質感のある深いツヤ、輝きを持続するとともに、水はじきを良くして水垢をつきにくくします。特殊速乾潤滑剤の層は短時間で硬化し皮膜を作り、ボディを強固に保護します。

コーティング スーパーグロスオート 究極の耐候性



04 究極の洗浄力

スーパーグロスオートの液剤は強力な洗浄力で汚れの下に入り込み、汚れを浮かせて取り除きます。
但し、鉄粉や頑固な水垢(ウォータースポット)は取りきれません。詳しいカーメンテナンス方法については、簡単メンテナンスパターン (スーパーグロスオート推奨)をお読み下さい。

コーティング スーパーグロスオート 究極の洗浄力



05 究極のメンテナンス性

スーパーグロスオートの固化時間は数分~10分前後、作業時間が短い上、すぐに重ね塗りが可能です。特殊速乾潤滑剤による速乾作用で、短時間で硬化し皮膜が形成されます。また液剤はよく伸び、拭き上げも軽いので気軽に作業ができます。スプレー1プッシュで50㎝~100㎝四方に伸ばせます。(表面の状態により変化)
各種素材に使え、全塗装色に対応している上、油膜を残さず、拭き残しても “シミ”“ムラ”になりません。人体や環境に優しい、安全な材料を使用をしているのでどなたでも簡単に取扱が可能です。
詳しいカーメンテナンス方法については、簡単メンテナンスパターン (スーパーグロスオート推奨)をご参照下さい。




スーパーグロスオートの製品比較

水性プラスチック素材のスーパーグロスオートは、他のコーティング剤に比べて高い性能を誇ります。

コーティング スーパーグロスオート 製品比較


コーティング剤の仕様・性能比較

使い易さ ムラ・シミにならない 耐久性 深みあるツヤ ギラギラなツヤ 環境・人体への安全性
スーパーグロスオート
ガラス系B社製品
樹脂系S社製品
ワックス系S社製品

詳しい製品比較の解説については、高性能コーティング剤 “スーパーグロスオート”を強くお勧めする理由を是非ご覧ください。

スーパーグロスオートはこちらでお求めになれます。




SALES AGENT HQ / 総販売窓口

株式会社ブリモント / Brimont Co.,Ltd. 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷三丁目スクエアビル2F


Copyright © Brimont Co., Ltd.